悩みに悩んで、財布を購入しました。
数か月後、数年後はわかりませんが、今はルンルン気分で使っています。すごく納得していていい気分なので、今回の選定ポイントをまとめておきます。大きく分けて、この3つです。

①前回からの反省点
②風水的に良いとされる点
③フィーリング


ちなみに今回購入したのは、前の財布と同じブランドPRADA<の2014秋冬モデルで、 VITELLO DAINO、黒の長財布です。
image


①前回からの反省点

こちら( http://simplefull.blog.jp/archives/1017005310.html )にも少し書きましたか、リボン二つ折りの長財布というのが、反省点でした。でも、荒々しく使っても傷んでない丈夫さや重さなどの使い心地はよかった。

なので、持ってて落ち着く色、リボン無しですっきりロゴ、二つ折りではない3辺ファスナーの長財布にすることを決めました。その上で比較のため他ブランドも見ましたが、荒々しくも耐えてくれたことがどうしても忘れられなくて、もう一回持ちたいな〜という気持ちにさせられた、PRADAにブランドは決定。

②風水的に良いとされる点

風水オタクではありませんが、生活にちょいちょい風水を取り入れるのが好きです。なんとなく、気分的に良いから♡
で、いくつか調べてみました。

◆色
<黒>
実は最強の色。黒は太陽のエネルギーを吸収する力が最も強く、お金を貯め込む力があるとされている。安定感のある色で落ち着いた雰囲気を持つため、お金を落ち着かせ、無駄遣いや衝動買いを抑える効果もあり。逆により大きな金運アップを望む人には不向き。すでに成功している人におすすめ。

<茶色・ベージュ>
お金が好む色で、財布との相性もいい色。茶色は生命を育む「母なる大地」を象徴し、地に足のついた安定感が「豊かさ」につながるため、「蓄財の色」として扱われる。財布の定番の色で、最も無難。

<黄色・ゴールド>
黄色は「金の気」を持っているとされているので、金運を上げる財布の色としてはとてもよい。一方、パワーが強くなりすぎて、お金の出入りが激しくなることも。

<ピンク>
ピンクの財布は、突然運気が上がったり、良いことが舞い込んでくるうれしい財布。人間関係や恋愛、自分の夢や目標のためのお金を育てる色でもある。「円=縁」とも言われ、金運、恋愛運、合わせてアップが期待できる。

<白>
白は「リセット」、ゼロからのスタートを意味する色。これまでの金運のリセット、心機一転お金を貯めていこうという場合によい。ただし、白はお金を跳ね返す力も強いため、ボロボロになる頃には早めに新しくすること。

<赤・青>
避けた方がよいという考え方と、良い色とされる考え方がある。
赤は「火の気」が強く、お金はもちろんのこと、そのほかの運気まで燃やしてしまう。青は「水の気」をもち、流してしまうためこれも避けた方がいい。
一方で赤は物事に動きを与える色で、ポジティブになりたいときや気持ちを高ぶらせたいときにパワーをくれるため、金遣いが荒くなりやすいがアグレッシブに稼ぎたいときは、赤の財布もよい。青は「お金が水に乗ってやってくる」とも考えられ、節約・堅実を目指す人にもよい色、とも考えられる。

<その他>
財布の内側に、金色が入っているとよい。財布に金色がない場合は、金色のものを入れておくだけでもよい。

◆形
<長財布>
これは有名ですよね。お札は折らない方がよい。お札にとって二つ折りだと窮屈になってしまうため、長くいてもらうためには長財布でのびのびしてもらうこと。

<内ポケットの数>
カードを入れる内ポケットは、「8」がベスト。「末広がり」を意味する縁起のいい数字。

◆素材
<牛革>
本革の中でも代表的な牛革。牛は豊穣のシンボルとされ、お金を貯める効果がある。丈夫で使いやすく、飽きも来にくい。

<蛇革>
蛇は金運をもたらす象徴。ただし、貯めるというよりお金を循環させる力が強力なため、お金の出入りが頻繁になる。自営業者向き。

<ワニ革>
一度くわえたら話さないワニの習性から、金運は非情に強いとされている。ワニ革に似せた類似商品も多いため、本物を選ぶ事が重要。

<その他>
財布の素材の基本は、天然素材の良質な本革。布、ビニール、ナイロン等は、エネルギーを引き込む力が弱くなる。

◆購入時期
<春財布>
「お金をパンパンに張る財布」として縁起が良いと言われています。
これには2つの説があります。
→冬至(12月21ころ)~雨水(2月18日ころ)
→立春(2月3日ころ)~啓蟄(3月5日ころ)

これを見ると、2月3日~2月18日がいいのかもしれませんね。ただ、新年、新春というのも、すがすがしくて良いと私は勝手に思っています。

③フィーリング

とまぁ、1通り調べてみたわけですが、一番はフィーリングがしっくりきたものを選びました。こういうのって、縁とタイミングだと思うのです。(縁とタイミングって、好きな言葉の一つだな・・・)

色んなブランドを回って、色々な財布を触ってみました。出かけるたびに、ちょくちょくと。トータル半年間くらい。汗 PRADAも何度も足を運んだんですが、今回購入した財布は、購入した日に出会ったものなんですよね・・・不思議なもので。少し違う素材のものばかりを見ていて、何度も行っているわりに手に取っていなかったんです。今回ふと手に取ったら、感触が手になじんですごくよかったんです。不思議な縁
さらに、2014秋冬モデルで、在庫はあと1つか2つ(他店から取り寄せとかはできるけど)。新しいモデルは、おそらく、中の仕切りの数や全体の大きさが変わっちゃって、デザインが少し変更になるとのことで、大きさはこれがベストだなと感じていたので、それも嫌だなと。上に記載しましたが、金色もところどころに施されているし。

うーん、買うなら今だな

そう感じて、直感と勢いで購入です。

image


財布の風水おまけ

特に新しい財布には、多くお札を入れておくと、お金の量を財布が覚えてくれるそう。なので、お札(できれば新札)を多く入れるとよい。

これも偶然なのですが、たまたま5万円分の新札が手元にありまして。元々現金は持ちたくなく、財布の中には2万円以上入っていることはほとんどなかったのですが、これを知ってから、さっそく財布に大事に入れました。勝手にいろいろ、この財布との出会いには運命を感じています

大満足中の財布

これだけしっかり検討したら、満足して財布を使うことができます。使ってみないとわからないことも多いけど、わかる範囲だけでも調べたり触ったりしてみたら、満足度は高くなるなと思いました。
これを言ったら本末転倒な気もしますが、一番大切なのは、「自分の気に入った財布を選び、大事に使う」こと。いろいろ調べておいてなんですが、今回の財布は、本当は最初からいいなと思っていたもの。裏付けとして、いい情報がほしかったのかもしれません。やっぱり私は、貧乏性で慎重派なようです。めちゃくちゃ大事に使います☺